会社概要

ごあいさつ

 アワーブレーン環境設計株式会社は、1984年に一級建築士事務所として創業しました。

 当時は、まだ建物の新築が盛んでしたが、私はやがて建物の維持・保全の分野が必要とされる時代がくると確信し、既存建物の調査・診断、改修設計、改修工事監理、中・長期修繕計画策定、建物診断法の確立などの業務に特化し、この分野に専念して参りました。


 現在は、改修設計を行う設計事務所も増えてきましたが、当社はこの分野では正に草分け的な存在であり、一貫して建物のリニューアルに特化した改修設計を通して社会に役立ちたいと願ってきました。


 私どもは、多くの建物の調査・診断の機会を与えていただいたことを通じて、建物の汚れや傷みの現象の背後にあるメカニズムを探ることができるようになりました。この経験と知見を改修設計に反映し、劣化や損傷を起こしやすい部位や既に特有の故障を生じている部位には、その建物の立地、形状、構造などの特性に応じた最適と認められる仕様を特定する改修設計を行うこととしております。


 せっかくの改修工事ですから、単に新築時の仕様に戻すだけでなく、設備の改良や環境に配慮した時流に適った設計(バリアーフリー、ユニバーサル設計、エコ対策など)を提案させていただき、長い間、安心して住み続けることができるような環境を創設するリニューアルを目指しています。 お客様に満足していただき、いつまでもご愛顧いただけるような誠実な仕事をすることが私どもの使命と心得ております。


会社データ

商号
アワーブレーン環境設計
役員
代表取締役会長 須山 清記
代表取締役社長 大西 正人
設立
1984年11月
登録
一級建築士事務所 都知事登録 第25071号
資本金
1,000万円
有資格者
一級建築士 [3]、二級建築士 [3]、技術士(建設部門)[1]、建築構造士 [1]、 一級建築施工管理技士 [3]、二級建築施工管理技士 [2]、マンション管理士 [1]、 一級管工事施工管理技士 [1]、二級管工事施工管理技士 [1]、設備士 [1]、 建築設備検査資格者 [1]
所在地
東京都 中央区 新富1丁目 3番2号 新富町1丁目ビル4F
業務内容
  • 大規模修繕工事(設備含む)に関するコンサルタント業務(調査および診断業務、改修設計業務、業者選定サポート業務、設計監理業務)
  • 中・長期修繕計画の作成業務
  • 中・長期修繕計画の実行コンサルタント業務
  • 築後2年目点検業務
  • 耐震診断、構造安全性診断、構造補修・補強設計業務
  • 各種診断機器による調査(コンクリート、鉄筋等の調査)
  • 漏水診断(漏水診断装置による)
  • 住宅の空気環境改善に関するコンサルタント業務
  • その他 各種調査
所属団体
(社)日本建築学会
(財)日本建築防災協会
(財)日本建築センター
(社)東京都建築士事務所協会
(社)建築・設備維持保全推進協会(BELCA)
(社)建築設備技術者協会
(社)空気調和・衛生工学会
日本マンション学会
日本建築仕上学会
NPO法人 木のフォーラム
NPO法人 建築技術支援協会(相談員)
NPO法人 リニューアル技術開発協会(名誉会長)
建築病理学研究会(国土交通省建築技術開発研究補助事業)

▲ページの先頭へ▲

開発商品

ウレタン塗膜防水等の軟質膜厚測定器

【商品名:マックゲイジ】(開発1987年)
'95年 製作以来多数の官公庁にて採用
'02年 東京発明展(主催:東京都・発明協会)発明協会東京支部賞受賞
'03年 関東地方発明表彰(主催:発明協会)発明奨励賞受賞


結露防止換気扇自動コントロールスイッチ

【商品名:ナチュレーヌ】(開発1992年)
'96年 東京発明展(主催:NHK・発明協会)日刊工業新聞社賞受賞
'97年 全国発明くふうコンクール(主催:NHK)入賞
'04年 第29回発明大賞(主催:日本発明振興協会、日刊工業新聞社)考案功労賞受賞


香り空気圧入漏水診断装置

【商品名:マックディテクト(通称:あおりんご)】(開発1992年)
'97年 東京発明展(主催:東京都・発明協会)弁理士協会会長賞受賞
'98年 関東地方発明表彰(主催:発明協会)発明奨励賞受賞


超高層ビルリニューアル用連続吊り足場

【商品名:スカイワークステーション】(開発1990年)
'97年 関東地方発明表彰(主催:発明協会)発明奨励賞受賞
'98年 東京発明展(主催:東京都・発明協会)東京都知事賞受賞
'99年 第24回発明大賞(主催:日本発明振興協会、日刊工業新聞社)池田特別賞受賞
'00年 第20回科学技術振興功績者表彰 科学技術庁長官賞受賞


▲ページの先頭へ▲

保有調査機器

主な保有調査機器


赤外線映像装置


香り空気混合式漏水診断装置


色水による漏水診断キット


鉄筋探知器


散水試験機


シュミットハンマー


▲ページの先頭へ▲

業務姿勢

お客様の立場に立って

施工会社、材料メーカー、ディベロッパーなどの系列に一切属しておりませんので、何ら拘束を受けることなく、技術的にも経済的にも、常に管理組合やユーザーの皆様の立場に立ち、多くの実績や経験を生かし、新しい技術についても自己研鑽を怠らず最善をつくし、限られた予算の中でお客様の有利になるよう心がけております。


経済性を考慮した修繕設計

建物は一律に傷むものではなく、太陽熱や雨水の影響を受けやすい部位、雨垂れが最後まで残る部位、建物の挙動の影響を受ける部位等条件の厳しい部位、新築時施工のし難い部位から傷みはじめます。長年建物の調査診断や設計監理に培ってきた経験や結果から、故障の原因や範囲を把握し、汚れ防止や故障の再発防止を考慮した修繕設計を行っています。


高い施工品質を実現する監理

工事の施工品質は、適切な施工手順の遵守と、適量の材料使用によって得られます。弊社の工事監理では、現場を重視し、

  1. 施工者職方への勉強会の実施による仕様書の理解
  2. 充実した週、月定例会議の実施
  3. テスト施工に基づく仕様による検査
  4. 使用材料の搬入時の数量と使用後の空き缶数量の確認
  5. 補修数量の管理
  6. タイムリーな各種工事の工程内検査の積み重ね等によって高い施工品質を実現します。


▲ページの先頭へ▲

交通アクセス・地図

住所:〒104-0041 東京都中央区新富1-3-2 新富町一丁目ビル4F
[ 東京メトロ日比谷線・JR京葉線 ] 八丁堀駅 徒歩4分
[ 東京メトロ有楽町線 ] 新富町駅 徒歩5分
[ 都営浅草線・JR京葉線 ] 宝町駅 徒歩4分


▲ページの先頭へ▲

掲載誌

「記事掲載誌一覧」はこちらから(PDFデータ)

1985.3
月刊「リフォーム」
外壁調査工事の実際と赤外線センサーの役割
  • 原理と調査適応範囲
  • システムに要求される機能
  • 測定環境
  • 太陽熱反射昇温システム 等
1993.12
月刊「建築技術」
マンションリフォームのための調査診断方法
  • なぜ調査診断が必要か
  • 予備調査 等

目で見る調査・診断の実際

  • 建物劣化調査写真を掲載
  • 調査・診断、改修設計、工事監理フロー 等
2000.9
建築技術「施工」
建物の調査診断をどう進めるか
2004.12.1
日本マンション学会誌
「マンション学」
超高層マンションのメンテナンス
  • 外壁等の事前調査
  • 外壁等のリニューアル
  • 超高層マンションの形状
  • 足場構成の種類 等
2006.10.25
日経アーキテクチュア
「水が招く建築トラブル解消術」
雨漏りと結露の調査事例/RC造りの場合
「複数の調査手法を駆使して漏水経路を探す
あごなし納まりを避ける
「水切りで水をコントロール」
時機を得た換気扇の運転と空気の道が大切

▲ページの先頭へ▲